おいしいごはん 鎌倉春日井米店の人気のひみつ

「おいしいごはん 鎌倉春日井米店」は、テレビ朝日系列で2007年10月~12月に放送された石原プロモーション制作で渡哲也主演の連続ドラマです。

この「おいしいごはん 鎌倉春日井米店」の制作発表は、石原裕次郎の20回目の命日に石原裕次郎のお墓のあるお寺で行われたこともあって、始まる前から話題になっていました。

そして、藤原紀香が結婚後初のテレビドラマ出演とあって、そちらも話題となりました。
制作の石原プロモーションでは、14年ぶりの連続ドラマとあって、「おいしいごはん 鎌倉春日井米店」は石原プロモーションファンにとっては待ちわびていた連続ドラマとなりました。

しかも、初のホームドラマです。

石原プロモーションというと、刑事物って言うイメージがありますよね。
ですが、今回は「おいしいごはん 鎌倉春日井米店」というタイトルにもあるように温かいホームドラマに挑戦です。

「おいしいごはん 鎌倉春日井米店」は、ファンの期待を裏切らない温かいホームドラマに仕上がりました。
ドラマ おいしいごはん
ドラマ「おいしいごはん」は石原プロモーション制作の連続テレビドラマということで、話題になったドラマです。

“鎌倉の竜”の異名を名乗る頑固オヤジ・春日井竜平(渡哲也)や息子の春日井新平(徳重聡)、息子の嫁の春日井たえ(藤原紀香)らが繰り広げる鎌倉の老舗を舞台にした石原プロモーション初の連続ホームドラマです。

スポンサーリンク
Sponsored Link

ドラマ「おいしいごはん」の魅力とは

主演の渡哲也というと渋い演技に定評がありますが、今回の「おいしいごはん」での役は髪型から服装から今までになかったような役柄になっています。
渡哲也の新しい一面をドラマ「おいしいごはん」で見つけることができます。

「おいしいごはん」というタイトルに合っていて、毎回家庭料理を作る場面や家族で食卓を囲むシーンが登場して、古き良き日本の食卓を思い出させてくれるようなシーンがいっぱいです。
「おいしいごはん」を見ていると、家庭の大切さや、家族で食卓を囲むことの大切さが感じられます。

「おいしいごはん」はホッと一息つけるホームドラマですよ。

おいしいごはんのケンタロウ
おいしいごはんを作りたいならケンタロウにちょっと頼ってみませんか?

テレビ出演などで人気のある料理研究家ケンタロウは、母は同じく料理研究家の小林カツ代です。

ケンタロウの料理は簡単ではあるけど手抜きではない家庭料理で多くの主婦のハートをわしづかみにしちゃっています。

ケンタロウの料理っておいしいごはんが出来るのに気取ってなくて、肩が凝らないでホントに定評があります。
ケンタロウの著書に「ケンタロウのおいしいごはん基本のABC」という料理本があります。

この本は、料理の基本中のキホンを楽しく学べる本です。料理初心者向けの本で、手軽に作れるおいしいごはん50品と素材の切り方やだしの取り方などを解説してくれています。

料理って基本がしっかりしていればなんとかなるんです。」
駆け出し主婦にとってはとっても頼りになる本ですよ。

ケンタロウのおいしいごはん基本のABC(エービーシー)
著者:ケンタロウ 出版社:講談社

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加