アップルパイ リンゴは栄養補給や疲労回復にも効果

アップルパイ レシピで使われるりんごには、整腸作用のペクチンが豊富に含まれています。

なので、アップルパイ レシピでアップルパイを作って食べると、肉食中心で増えてしまう悪玉菌の活動を抑え腸をキレイにしてくれます。

アップルパイに含まれるペクチンは善玉菌のエサとなり、その活動を活発にします。

アップルパイ レシピで作ったアップルパイのリンゴを他の果物と100g当たりのペクチン量を比べると、りんごは0.3g、みかん0.8g、レモンは1.7gと量の違いはありますが、りんごペクチンは悪玉菌の発育を抑え、他のペクチンの約2倍の抑制効果があります。

スポンサーリンク
Sponsored Link

リンゴのペクチンの効能って知っていますか?

アップルパイ レシピに使うリンゴのペクチンは加熱すると抗酸化活性値が高くなります。

アップルパイ レシピで使うりんごから抽出されるリンゴポリフェノールは、体内に発生する活性酸素(老化やがんの要因と見られてます)を抑える働きがあります。

これは、カテキン類に属するこのエピカテキンですが、りんごのエピカテキンは多量体なので、同量のお茶に含まれるエピカテキン(こちらは単量体)より働きが優れています。

また水、熱に強いのも特徴です。

ただし空気には弱いので、アップルパイ レシピを使って作るときのように、加熱することが非常に有効です。

アップルパイ レシピで作ることで、筋力増強と脂肪減少などの効果も認められています。

アップルパイで使うリンゴの果皮の部分に多く含まれるので皮付きアップルパイはおすすめです。

アップルパイ レシピで作ったアップルパイのリンゴポリフェノールは焼いたあとも消滅しません。

アップルパイはコレステロールの減少効果も

アップルパイ レシピで作るアップルパイは、コレステロールの減少効果もあります。

それは、ペクチンが血中コレステロール量の悪玉コレステロールを包み込んで排出し、善玉コレステロールを増やすためです。

肉を食べる時にりんごやアップルパイ も一緒に食べると良いというのはここからきています。

アップルパイを食べることによって、悪玉コレステロールを増加させない働きをりんごがしてくれるのです。

アップルパイ リンゴに含まれるカリウムは胎内のナトリウムを排出し血圧を下げる効果があります。

アップルパイ レシピを使ってアップルパイを作って食べることは、栄養補給や疲労回復にも効果があるので、食後のデザートには、アップルパイをおすすめします。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加