アップルパイの材料で洋菓子店と手作りしました

アップルパイの材料にかかせない紅玉が届きました。

「紅玉」というりんごは、アップルパイの材料にかかせないです。

最近では栽培している農家が少ないので、なかなか手に入りにくいりんごですが、通販だと早めに予約を入れておけば、比較的手に入りやすいです。

私はアップルパイの材料にかかせない紅玉が好きなんだけれど、夫はあまりりんごを食べることがなく、食べるなら紅玉がいいらしい。

洋菓子店にある「アップルパイ」は、折りパイ生地で作られている場合がほとんどです。

スポンサーリンク
Sponsored Link

アップルパイの材料にかかせないりんご「紅玉」

市販のものって、アップルパイの材料にかかせないリンゴの形が残っているゴロゴロとした感じなので、あまり好みではないんです。

家族の誕生日やクリスマスなどに「ケーキ」はよく作りますが、私がアップルパイの材料にかかせないを作るのは一年に一度です。

アップルパイの材料にかかせないすっぱいりんご「紅玉」が熟す頃に作る、アップルパイだけです。

今年も、家族がりんご狩りで沢山持ち帰ってきてくれたので、アップルパイの材料にかかせないリンゴがたっぷり食べられるように、パイ皿とタルト皿総動員で作ってみました。

アップルパイレシピに、アップルパイの材料にかかせないりんごの砂糖を減らして、カスタードをアレンジします。

アップルパイの材料にかかせないリンゴと冷凍パイシートを利用したので簡単にできます。

アップルパイの材料にかかせない紅玉はパイ一台につき、大4~5個をたっぷりと使い、飴色に煮たものを練り、パイ生地の間にぎっしりと詰めて焼きます。

「紅玉」でおいしいアップルパイができました

一度素焼きした後に、表面に卵黄を牛乳で溶いたつやだしを塗ってもう一度焼き、さらにその上に3回、アップルパイの材料にかかせないりんごの煮汁を塗っては焼き、塗っては焼きを繰り返して、深い色と艶に仕上げます。

アップルパイは甘過ぎず、美味しく出来ました。

アップルパイの材料にかかせないリンゴはバターと砂糖でけっこう煮たので、酸っぱい紅玉の味にラム酒の香りと砂糖の甘さがよく合って、なかなかの味でした。

まあ、素人なんで、形が少々不恰好なのはご愛嬌ですが、パイ生地にはバターを贅沢に使っているので、その香りのよいことと言ったらありません。

さくさくの薄めのパイ生地にたっぷり詰まったジューシーなりんごをぜひ想像してみてください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加