韓国料理で人気のレシピはタレが美味しい

韓国料理で人気のレシピといえば、チヂミです。

日本でいうお好み焼きが韓国版ではチヂミ焼きといった感じでしょう。

簡単で手間いらずな韓国料理のチヂミは、時間がないときでもすばやく作ることができます。

辛いコチュジャンやタレをつけて食べれば、とても美味しいチヂミは、暑い日のビールのおつまみとしてもピッタリな料理です。

チヂミレシピでは、シンプルなチヂミ焼きを紹介していますが、お好みでイカ、タコ、豚肉などを加えて作ってもとてもおいしいです。

また、ジャガイモやお餅などの食材もチヂミレシピにピッタリです。

でもまだ、韓国に行って、本格的なチヂミってのは食べた事がないです。

以前、居酒屋でチジミと言われて食べたのですが、美味しかったけれど、お好み焼きをグッと圧縮して具が違うだけのようで、粉に違いがあるなんて知りませんでした。

そうそう、タレは酢醤油のような感じで、これから夏場はお好み焼きにも合うかもしれません。

あなたは、自宅でチヂミを作ったことありますか
最近は、韓国の食材を売っている店も増えたので、市販のチヂミ粉を見かけたことがあるかもしれません。

お好み焼きの応用で作っている方もいらっしゃるようですが、本場の粉を使うと、やっぱり違います。

本場の一般的なチヂミのレシピを紹介します
パジョン(チヂミ)レシピ 5~6人分
【材料】
チヂミ粉500g・水800CC・卵3~5個・にら・ねぎ・玉ねぎ
お好みで 牛肉・牡蠣・するめイカ・小エビ(下味:にんにく、塩コショウ、ごま、ごま油)
【チヂミだれの材料】
このタレが美味しいですから、冷奴や、サラダにかけても合います。

小ねぎのみじん切り・しょうゆ・酢・唐辛子の粉・砂糖・白ごま・ごま油・化学調味料(あれば)・塩・にんにく
 
【チヂミだれの作り方】
しょうゆ3に対して酢が1、あとは適量でいいです。

調味料と塩は隠し味なのでほんの少しにして、砂糖とにんにくは、お好みで入れてください。

【チヂミの作り方】
チヂミ粉と水と卵を混ぜ、隠し味に化学調味料と塩を少量入れます。

野菜はチヂミ粉に混ぜ込んで、肉や海鮮物は混ぜ込んでも良いし、生地を薄く伸ばしてその後上に並べても良いです。

フライパンを良く熱して、少し多目の油(普通のサラダ油でOK)を入れて、揚げるように焼いていきます。

薄く伸ばして、フライパン返しでぎゅうぎゅう押して薄く焼き上げます。

お好み焼きは押しちゃいけないけど、チヂミは思いっきり潰して薄~く焼いてください。

焼けたら裏返して、またぎゅうぎゅう押して焼きます。

焼きあがったら、チヂミのたれをかけて食べましょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link