白菜キムチを使うチヂミのおいしい作り方

白菜キムチを使うと、材料を全部混ぜて焼くだけの簡単チヂミが作れます。

風味豊かなキムチの香りがして、いかにも韓国料理という風味が漂います。

白菜キムチを使うチヂミは、冷めても美味しいので、弁当のおかずにもおすすめです。

白菜キムチを使うチヂミ(4人分)

・熟成白菜キムチ:200g
・豚肉:200g ・ねぎ:1本 ・しいたけ:2枚 ・かつお節:1パック ・ちりめん:大さじ4
・小麦粉:200cc 水:150cc ・卵:1個
[調味料] ごま油:大さじ2 塩:小さじ1
 

作り方

1.キムチは細かく切って、汁を絞る。

2.豚肉は1cm幅、ねぎは小口切り、しいたけは薄切りにする。

3.ごま油以外のすべての材料を混ぜ合わせる。

4.フライパンにごま油を熱し、3を流しいれて両面焼く。

 
焼き上がったら、お好みで辛子酢醤油だれにつけてお召し上がり下さい。

キムチの酸味の正体は、乳酸菌です。

この材料を混ぜ合わせ漬け込むことによって発酵が進みます。

発酵の主役が乳酸菌でその数はヨーグルトの100倍とも言われています。

お腹の中の悪玉菌を抑えてくれるので、キムチを食べていると便秘しないというのもうなずけます。

酸っぱくなったキムチが嫌いな方は、ぜひ料理に使ってみると料理のレパートリーが増えます。

キムチ鍋を作る時は、先に酸っぱくなったキムチを、砂糖・ごま油を絡ませて炒めてください。

そうすれば、酸味が少し気にならなくなるようです。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link