食事の前にキャベツを食べるキャベツダイエットってどうなの?

キャベツダイエットは、簡単に言うと、食事の前にキャベツを食べるというもののようです。

京都府立医科大学の吉田俊秀先生が、キャベツダイエットを提唱し、実際に肥満解消の指導方法として使用しているようです。

キャベツにはビタミンCが豊富に含まれていて、その他にもビタミンKやビタミンUなどの成分も含まれています。

キャベツダイエットの方法は、朝・昼・夕の食事前にサラダボウル1杯分の生のキャベツを食べればいいだけという、本当に簡単なダイエット方法です。

キャベツだけだと食べにくいという方は、レタス、きゅうり、トマトなど、穀類(ジャガイモやかぼちゃなど)以外の野菜を加えて食べてもいいようです。

味付けとしては、ノンオイルならドレッシングをかけたら、美味しく食べられます。

また、お好みによって、レモン果汁を絞ってかけるのもいいです。

キャベツダイエットで気をつけなければならないことは、必ず「キャベツを生で食べる」ということです。

キャベツ料理は、いろいろありますが、煮たり焼いたりしないで、キャベツを生のまま食べます。

新鮮なキャベツなら、軽いドレッシングをかけてキャベツサラダを作るといいです。

加熱してしまうとビタミンCがなくなってしまうので、この点だけは注意しましょう。

そして、キャベツダイエットで注意することといえば、よく噛んで食べるということです。

生キャベツだけでなく、できれば、たんぱく質を1日70g取ること・1食のカロリーを400カロリー以下に抑えること・1日に果物を200カロリー程度取った方がいいです。

まあ最初はそれほど気にせずに、気楽な気持ちでキャベツダイエットに挑戦してみましょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link