サラダレシピ 旬の野菜で美味しいサラダの作り方

サラダレシピ サラダの献立 生野菜、温野菜、簡単サラダレシピが満載。

果物や野菜でサラダを作り、ボリュームが欲しかったら肉や魚介でサラダを作る方法をご紹介します。

サラダレシピって簡単でいかに「凝っている風」に見せるかがポイントです。

スポンサーリンク
Sponsored Link

一番驚いたサラダレシピは、トマトとアボガドのサラダ

場合によっては、友達を呼んでプチパーティをする時にも、十分使えますよ。
忙しい時でも、サラダレシピがあれば、ささっと1品作れるので便利です。

特に女の人ってサラダ好きですからね。あると便利です。

私は生ハムが好きで、よく生ハムサラダを作るんですが、どうにも短時間だとあの玉ねぎの辛味がうまく取れない。

魚介なんかを入れてマリネっぽく仕上げるようなサラダレシピには、酢水に10分くらい漬けておくと辛味が取れるって言うけど、やっぱりちょいと酸っぱさは残るのでマリネ以外のサラダレシピには向かないんですよね。

と、今まで半ば諦めて、辛い玉ねぎを出していたのですが、胃が痛む痛む・・・。

なにかいい方法がないかなと思っていたら、母がナイスな方法を教えてくれました。

私のサラダレシピは、実はほとんど母から譲ってもらったものです。
もちろん、本などでサラダレシピも研究してますが、母のものはあまり本に載っていないので
よく遊びに来た友達に「どうやって作るの?」と聞かれます。

一番驚いたサラダレシピは、トマトとアボガドのサラダ。

すっごくおいしくてドレッシングをどうやって作っているか聞いたら、「めんつゆ」と一言!!

実はめんつゆしか使ってないそうなんです。
意外に合うんですね~、めんつゆとアボガド!!

ということで、母のサラダレシピは侮れないのです。

話が脱線しちゃいましたが、そんな母のサラダレシピにある玉ねぎの辛味の取り方。
それは、なんと「塩水にさらす」なんです。

そんなんで取れるの?と疑問でしたが、これがまた効果てき面!!

コツは酢水と同様、塩水に10分くらいさらしたら、水の中でぬめりを手でこすり落とすこと。
こうすると、完全に辛味がとれます。

塩水なら酢のように、臭みも残らないので、どんなサラダレシピにも合いますよ。

ぜひぜひ一度、お試しあれ~!!

うちのとっておきのサラダレシピを紹介~!!

サラダレシピに使うのは「サラダほうれん草」です

これはサラダレシピの特集かなんかを雑誌で見かけたのを、うち流にアレンジしたものなんですけど、先週友達が遊びに来た時に出したら、好評だったので紹介しちゃいます。

このサラダレシピに使うのは、★サラダほうれん草★。

普通のほうれん草と違って、アクが少ないので、ゆがかずにそのまま食べれますヨ。
ゆがかないので、パリっと仕上がっておいしいです。

ベーコンは出来れば厚いものを選び、ひょうし切りにします。

乾燥くるみを入れるのが、ほうれん草のサラダレシピのポイントです。
くるみはフライパンで炒ると、とっても香ばしくなりますよ。炒ったら、手で一口大に砕きましょう。

くるみってそのまま炒って、塩・コショウしただけでも、おつまみになるので家庭に1袋あると便利です。

ちなみに、私はこのサラダを作りながら、台所でくるみをツマミ食いしてます笑。

具は他にも水にさらした玉ねぎや、くるみの代わりにクルトンを入れてもGood。
クルトンは、バゲットをカリっとなるまでオーブンで焼いたものでもおいしいです。

超簡単サラダレシピ

このサラダレシピの中で、友達が一番気になっていた味付け。

ドレッシングはちょっとポイントがあります。

確か雑誌のサラダレシピ通りに作ったら、油っこすぎたので我が家流に直してます。
油はオリーブ油を使用。大さじ2くらいあればOKです。塩・コショウ少々と、マスタードをティースプーン1杯くらい入れます。

粒マスタードでもOKですが、黄色いマスタードの方が色が綺麗です。
ここに、玉ねぎをすりおろして入れるのがコツ!!

にんにくもすりおろして入れちゃいましょう。

ドレッシングをよく混ぜてかければ、出来上がり!!
超簡単サラダレシピです。

が、味はとってもおいしいですよ。

ドレッシングを混ぜるときに分離がはげしいので、小さい泡だて器みたいなのがあれば便利です。
油の量は本当好みなので、調整してみて下さいねっ。

サラダほうれん草は、他にもホットサラダにしたり、もちろん味噌汁に入れてもOKなので
重宝します。安い時を狙って、ゲットしておくといいですよ。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加